早尾貴紀:原発震災関連

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK8/14放送「シリーズ 私にとっての3.11: フクシマを歩いて 作家・徐京植」

<<   作成日時 : 2011/08/04 13:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以下、番組の放送案内です。


  こころの時代 シリーズ 私にとっての「3・11」
  フクシマを歩いて 作家・徐 京植

  放送/2011年8月14日(日)あさ5:00〜6:00 NHK教育
  *再放送は高校野球放送のため現在のところ未定です 


 緊急時避難準備区域に指定された南相馬市では、耕作禁止の田でひとり草を刈る農民や、隣近所が「自主避難」を始める中で介護が必要な妻とともに動こうとしなかったスペイン思想研究者に出会います。
 小学校の校庭汚染が大きくメディアにとりあげられた郡山市では、報道にあらわれてこない朝鮮学校の子供たちの今、そして、福島に「根」をおろして暮らす韓国・朝鮮人の歴史(郡山市郊外の高玉金鉱山)などを訪ねます。
 この原発事故は、日本の社会の何をさらけ出して来たのか―。
 今、私たちに問われていることは何なのか―。
 徐京植さんへのロングインタビューと、福島への同行取材ロケのVTRを織り交ぜながら、考えてゆきます。
 担当/NHK制作局文化福祉番組部・衛星放送センター 


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

NHK8/14放送「シリーズ 私にとっての3.11: フクシマを歩いて 作家・徐京植」 早尾貴紀:原発震災関連/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる