早尾貴紀:原発震災関連

アクセスカウンタ

zoom RSS 9.11にエルサレムで「難民」を考える/10月1日に江東区で話します

<<   作成日時 : 2011/09/11 13:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

原発震災でご心配くださっているみなさま

 エルサレムより早尾です。

1、「難民」の時代

 大学の仕事で学生らを引率し、パレスチナ/イスラエルに来ています。
 9.11から10年目、そして3.11から半年のこの日にこの地に到着するということは、本当に複雑な思いです。

 ユダヤ人問題やパレスチナ/イスラエル研究を専門の一つとする私ですが、3.11以降、すべてが吹っ飛んだぐらいの自覚のなかで、被曝地からの避難支援活動に心身を忙しくし、専門の仕事を置き去りにしてしまいました。

 しかしこのかん、ユダヤ人やパレスチナ人の経験が私の頭から離れたことはありません。現代世界には難民が溢れている。突きつけられた不条理を前に、人びとは体一つでも避難することで生き延びようとしてきた。そうした現代史を考えることをこそ、私は課題にしてきました。だからこそ、3.11の直後に、家を棄てることになっても避難すべきだという決断ができたのだと思いますし、避難中も世界の難民のことを思い起こしていました。

 そしていま私たちは、大量の「国内難民」を生み出すという前代未聞の経験をしています。政府が不作為によって住民を被曝させつづけているために、自主避難者が「難民」化しているのです。私たちが直面しているのは、「政治難民」「環境難民」という大きなスケールの問題なのだという認識が必要だと、パレスチナに来てなおさら強く思います。



2、イベント「10.1森下で織る希望―放射能汚染の現実を超えて―」

 以下のイベントで話をします。
 自分で情報収集をし、政府に頼らずに自分で行動の方針を選ぶこと、といったことを主題として話す予定です。


【転送・転載歓迎】

 「10.1森下で織る希望―放射能汚染の現実を超えて―」
  日時:2011年10月1日(土)
  場所:江東区の森下文化センター
  http://morishita1001.blogspot.com/

 福島第一原発の大事故は、収束までに少なくとも数十年はかかるとされ、わたしたちはこれから、個人として、また社会として、事故による放射能汚染に立ち向かっていかなければなりません。
 このイベントでは、放射能の影響を特に受けやすいとされる子どもたちをいかに守るかということを軸に、わたしたちは今どこにいるのか、未来に向かって今何をすべきなのかについて学び、考えます。
  多数のご参加、お待ち申し上げます。
  託児はございませんが、お子様の来場を歓迎します。

 【日時】2011年10月1日(土)
   モーニングイベント 10:00〜12:00
   メインイベント 13:00〜16:15ごろ

 【会場】森下文化センター レクホール(定員350人)
  東京都江東区森下3-12-17(高橋商店街のらくろ〜ど)
  http://www.kcf.or.jp/morishita/index.html
  都営地下鉄新宿線・大江戸線「森下」駅A6出口より徒歩8分
  都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅A2出口より徒歩8分
    
 【プログラム】
  ●モーニングイベント 9:40開場、10:00〜12:00
  DVD「被曝とは(1)(2)」(村田三郎〈阪南中央病院副院長〉インタビュー)
  上映
  「被曝とは(1)−体内被曝と体外被曝」(49分)
  「被曝とは(2)−子どもの被曝・労働者の被曝」(54分)

  ●メインイベント 12:30開場、13:00〜16:15ごろ
   ○トーク出演
   ■崎山比早子(さきやま・ひさこ)さん
   医学博士。マサチューセッツ工科大学研究員、放射線医学総合研究所主任研究員を経て現在高木学校所属。放射線被ばく研究の第一人者。
   高木学校 http://takasas.main.jp/

   ■平野敏夫(ひらの・としお)さん
   ひらの亀戸ひまわり診療所所長。東京・亀戸で20年間、臨床医としてアスベスト疾患等の職業病に向き合う。震災後、「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」(山田真代表)の一員として活動を始める。
   ひらの亀戸ひまわり診療所 http://www.himawari-clinic.jp/

   ■早尾貴紀(はやお・たかのり)さん
   原発震災被災者・避難者、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」メンバー。仙台で被災。原発爆発直後、子どもを連れて関西に避難。以来関西・東京・福島・仙台を往復。東京経済大学専任講師。専門は社会思想史・民族問題、パレスチナ/イスラエル研究。
   「早尾貴紀:原発震災関連」 http://hayao2.at.webry.info/

  ○ライブ出演
   ■たね。さん
   「バンジョーとピアノのユニット。ふたりの出身地(?)である 『たね島』に起こった事件や伝説の物語を歌っています。ふたりのゆるいキャラに癒されてください。」
    http://www.myspace.com/tanenoneta

 【料金】モーニングイベント 500円(先着順入場。予約不要)
     メインイベント 一般1,000円、中高生500円(事前予約歓迎)

   →メインイベントにお越しの方は、モーニングイベントは無料でご入場いただけます。

   →メインイベントの、事前予約を歓迎します。予約で満員になった場合、予約なしでの入場をお断りする場合がございます。事前予約は、定員に達しない限り9月30日19時まで受け付けます。

  △インターネット予約フォーム http://goo.gl/k1Fgm
  △電子メール予約 morishita1001@gmail.com
  △ファックス予約 03-4496-4447
  △電話予約 090-1141-8677

  【主催】「10.1森下で織る希望」実行委員会
      (星川まり、YAM、にしおかまゆみ、ほか)
  【ブログ】http://morishita1001.blogspot.com/

 (一部案内を省略しています。詳細は上記ブログを参照してください。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

9.11にエルサレムで「難民」を考える/10月1日に江東区で話します 早尾貴紀:原発震災関連/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる