早尾貴紀:原発震災関連

アクセスカウンタ

zoom RSS 【拡散希望】10月10日、生活村など福島市で避難疎開の相談を受けます

<<   作成日時 : 2011/10/07 05:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」で避難・疎開・保養の世話人をしている早尾です。

 急に決まったことで、宣伝が十分にできないため、みなさんの可能な範囲で、それぞれMLや掲示板やブログやツイッターなどに転載・転送をお願いいたします。


 10月10日に開催される「コラッセふくしま」での生活村のなかに、臨時で避難・疎開の相談ブースを設けるほか、生活村終了後もその日の夜まで、福島駅近辺で個別に避難・疎開の相談を承ります。

 その日、札幌で避難者支援をしてきた「むすびば」からお二人(みかみさん・永田さん)と、札幌に避難しその「むすびば」に加わっている小河原律香さん、そして私・早尾が参加します。
 また、避難・疎開・保養班の吉野さんにご協力をいただいています。
 札幌への避難だけでなく、その他の地域、あるいは子どものみの疎開などについても相談に応じます。

 日時:2011年10月10日(祝日)10:00〜13:00
 場所:コラッセふくしま(三河南町1番20号/福島駅西口からすぐ)

 それ以降、夕方・夜まででも、個別に連絡をいただけたら、避難・疎開の相談を受けることにします。すでに伊達市の父子家庭と福島市の母子家庭との約束が入っています。
 都合に合わせて、福島駅近辺の喫茶店などで相談に応じます。
(問い合わせ先:070-6615-2989 早尾)


****

 3.11からすでに半年以上が経過し、単純な緊急避難とその受け入れという枠組みではもはや機能しないことを痛感しています。
 出るに出られないで孤立してる人、逃げるや否やで日々揺れている人、またそれ以前に危機感を持つことのできなかった人、危機感を周囲に封じられてしまった人、そういった人たちが本当にたくさん、「子ども福島」や避難支援活動の存在を知らずに残っています。そこにどう直接に繋がっていけるのか。そして、個々の、動くに動けない諸事情にどこまで丁寧に寄り添っていけるのか。大きな課題だと思います。

 ぜひみなさんのお力添えで、さらに「外」へと繋いでいただけたらと思います。宣伝ご協力ください。


 -------------------------------------
 早尾貴紀
 tel:070-6615-2989
 p-sabbar@mrg.biglobe.ne.jp
 ブログ:原発震災関連
 http://hayao2.at.webry.info/
 ツイッター: @p_sabbar
 --------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【拡散希望】10月10日、生活村など福島市で避難疎開の相談を受けます 早尾貴紀:原発震災関連/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる