早尾貴紀:原発震災関連

アクセスカウンタ

zoom RSS 子ども疎開を支えてくださった里親さんの文章「京都より島の恵みと歴史にまもられて」

<<   作成日時 : 2012/01/29 13:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 京都で子どもがお世話になった元里親さんの文章です。

 「ヌチドゥタカラの家」のある「わびあいの里」の機関紙『花は土に咲く』に、京都で私の子どもの里親をしていただいていた屋嘉比優子さんが文章を書かれました。深い感謝の気持ちを込めて、転載します。

   *   *   *


 京都より島の恵みと歴史にまもられて

 屋嘉比 優子


 震災後三ヶ月の六月、仙台へ向かいました。

 会いたい人へ、里の全粒粉、島の黒糖やジーマミを携えて。街中はまるで当たり前の仙台でした。大きく静かな美しい都市でした。ガイガーカウンターさえなければ。福島ほどではない、しかし、京都から行った私にはゾッとする量の放射線が降り注ぐ、そこを小さな子たちは駆け回る、公園に集まった反原発のデモ。
 誰もが恐怖と、疲弊と、闘っていました。

「原発あってよかったかも。京都に来れたし。」
 言葉を探しました。

 彼は七歳。放射線数値の高い仙台から親御さんの希望で自主避難、両親と離れて、わが家で一人、疎開生活をしています。
 あまりにもむずかしく、残酷な、複雑な、「放射能からの避難」。ただ一度の地震から始まった新しい進行形の災害。心も行動も定まらない大人を置いて、子どもたちは未来を生きていこうとするのだ、と教えられます。
 彼は小学二年生。偶然ながら一燈園に通っています。阿波根さんもかつて学ばれた一燈園には、何人もの疎開児童がいます。

 私はたまたま縁あって、彼と、もうすぐ四ヶ月いっしょに暮らしています。毎日大好きなご両親と電話で話しています。そして、京都の小さな一軒家に狭しと暮らす大人子ども猫メダカ鈴虫、毎日仕事帰りを待たせてもらう歩いて一分のカフェ、そんな私たちとも「家族」です。

 人は何によって支えられ、育まれるのでしょう。
 「結婚」をしないのはなぜか、とときどき問われます。先日「玄関を開けておきたいから」と答えました。家庭や家族の形を作り、守ろうとする力はときに玄関を閉めなくてはいけない。そのことの良し悪し。私はいいかげんに、真剣に、誰かを迎え入れ、共に暮らし、送り出し、ゆるやかに今日目の前の人と共に生きることに一生懸命な生活がしたいから、と。

 実際はそんなにすっきりうまくは生きられません。けれど、「ただいまー」と「よその子」が当たり前に住む、子たちが「きょうだい」になる、この夏は原発事故からの避難という過酷さと関係なく豊かな日々を暮らしてしまっていたのです。

 そして、さまざまな困難の前で、もっと多くの玄関が開けっ放しになって、支援の必要な誰かと出会えた誰かが、決して簡単ではない今日一日を、まずは共にしあわせに暮らせればと願うのです。

 一食から、一日から、一人の小さな命から、助け合えること、共に生き合えること。そこには花を咲かせる反戦の踏んばりが、他者へ手を伸ばそうとそれぞれの日常という土に根を張っています。
 伊江島の野菜や海産物を、近隣の「汚染」されたかもしれない不安なものを食べざるを得ない日常に、届けられないか。京都でお金を集め、里にお願いをしました。「一食でもいいから安心して食べたい」。なんて、悲しく切ない言葉でしょう。今年は台風被害も深刻な中、弘子さんの采配と里のたくさんの人の愛情で土と海の恵みが仙台に届きました。

 伊江島には農民が米軍に立ち向かった誇り高い歴史がある、と七歳の子を通じて出会える、小さな私たちを支えてくださるさまざまな人に話します。今の実りはその犠牲と闘いの歴史の上にあるのだと。

 その子のお母さんはパレスチナで占領され、差別され、虐殺され続けている人たちの仕事を作り支えるために、パレスチナのオリーブオイルやオリーブ石鹸を販売されてきました。私はその志と取り組みに、感動と敬意を、そしていつか伊江島のもので同じような流通はできないだろうか、とぼんやり思ってきました。

 一人一人が自分自身と自分の仕事に誇りを持てること、それが何よりも生きることを支えるのだと思います。原発と戦争はその対極にあり、それによっては誰も生かされないこと、の真理は阿波根さんの教えそのものです。
 被災地からも米軍からも離れた「関係なく暮らせてしまう」京都で、被災地の日々とつながり、沖縄やパレスチナの闘いと歴史とおいしい恵みに支えられながら、私は小さな麦さん(島から名前をいただいた一歳になる子)と私自身を育てています。

 花は土に咲く。誰もが信じて明日を迎えられますように。

 追記
 そして、彼は関東に引っ越して行きました。新しくご家族との生活が始まりました。
 送り出す前夜、不意にこみ上げました。
 彼と私はお互いの意思に拠らずに共に暮らし始め、お互いの意思に拠らずに別れていく。ようやく近づいて、愛し合い、家族になった私たちは別れを言えずに「大好きだよ」「うん」とだけ言って別れました。原発事故って一体何だったの? こんな気持ちを、何と呼べるのだろう。
 バイバイ、そして、終わらない闘いとまたつながりを続けるために仙台行きのバスを予約しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

子ども疎開を支えてくださった里親さんの文章「京都より島の恵みと歴史にまもられて」 早尾貴紀:原発震災関連/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる