アクセスカウンタ

<<  2012年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


あえて宮城県南部で相談会を

2012/05/24 21:07
 6月23日(土)に福島県白河市で、24日(日)に宮城県白石市で、保養と移住の相談会を開催します。ブース参加団体を募集します。メールでお申し込みください。
 p-sabbar@mrg.biglobe.ne.jp (早尾貴紀)

 とくに、24日の宮城県白石市での相談会への参加、そしてそのために、キャンプや移住の受け入れの枠をつくることを、全国の受け入れ支援団体に強くお願いいたします。

 というのも、放射能汚染に県境は関係がないからです。福島県全体が高濃度に汚染を受けたわけではありません。逆に、宮城県の南部(丸森・角田・白石など)と北部(栗原・登米など)には、郡山市並みの酷い汚染地帯が広がっています。土壌のセシウム量で1000〜5000ベクレル/kg程度の汚染地帯はあちこちに見つかります。
 もちろん、福島県内に東電の福島原発が立地し最も高濃度の汚染地帯はその周辺にあるわけですが、しかし放射能汚染を「福島」で代表できるわけではないのです。
 にもかかわらず、福島で代表させてしまう語りは、受け入れ支援の枠や対象に、現実にそぐわない「偏り」を生み出してしまっています。各地の自治体や民間団体の保養キャンプや避難移住の支援の対象が、「福島県民」に限定されてしまっているのです。そのことで、宮城県の南部や北部の汚染の酷い地域の人々が除外され、逆にそれよりも汚染の低い福島県内の地域の人々が福島県の内部にたまたま住居があるというだけで支援の制度が使えたり、キャンプの参加資格が得られたり、という事態が生じています。

 こうした歪みの一端は、汚染の現実を否認して復興一辺倒に走った宮城県知事にも原因がありますし、また実際、宮城県の汚染の実態がつかめるまでに時間がかかったことや、地震そのものと津波の被害の大きさで地元の市町村や住民に余裕がなかったということにも原因があります。
 しかし、そうした理由で支援対象を福島に限定してもやむをえなかったと言えるのは、昨年までだったと思います。汚染の状況がはっきりしてきた今年、そして人々の意識が放射能にようやく向かいはじめ汚染問題が口の端に上りはじめた今年は、もはや支援や受け入れの対象が県境で区切られるということはあってはならないと思います。

 そこで全国の受け入れ支援団体のみなさんにお願いがあります。
 放射能汚染地域、被曝地域、支援対象地域を、「福島」で代表させないでください。
 そして、実際の保養キャンプや避難移住の受け入れ対象を、宮城県、岩手県、栃木県、茨城県、千葉県などに広げてください。たとえば、30人の募集人数のキャンプであれば、半分の15人を福島県民、残り15人をその他の地域から、というふうに枠を作ってください。そしてその枠をもって、まずは宮城県白石市の相談会にご参加ください。

 すでにこれまで受け入れ支援活動を重ねられてきた方々は、実際、避難移住者やキャンプ参加者に宮城県や栃木県などの人たちが多いという現実は、身をもってご存知のことと思います。また、相談を直接受けられたら、出身地域について柔軟に対応されてきたところも少ないないと思います。しかしこの夏は、受け入れ対象の地域を明示的に広げることでもって、汚染地域の現実を反映していただきたいと、切に希望いたします。
 どうぞよろしくお願いします。

 もし、すでに予定しているキャンプで、そうした枠を増やすことに資金がネックになっているという受け入れ団体がありましたら、ご相談ください。助成をいたします。


 以下、参加要項を再掲します。ご検討ください。

・基本的には手弁当でご参加ください。
・ただし、財政的に難しい団体については、一団体につき、1〜3万円の範囲で交通費と宿泊費の助成をします。参加申し込みのときにお申し出ください。
・6月は、伊達、二本松と連続して、相談会が多くなりますが、夏休みキャンプの企画が決まる時期でもあります。ぜひご参加ください。
・ネットで募集をするだけでなく、現地に足を運ぶこと、直接顔を見て相談にのることが、とても大切だと思います。
・両日参加の場合、23日の晩に白河のホテルに宿泊し、交流会ももちます。24日の朝にみんなでいっしょに白石に移動します。
・なお23日の企画は、「みみをすます・関西」との協力で開催します。


地域の選択について

【白河(福島県南部)】
 白河は福島県の南の県境に位置し、ちょうど北端の福島市と反対側になります。
 新幹線では南側から福島県に入って最初の停車駅、新白河駅があります。
 高濃度の汚染は、帯状に中通りに沿って、福島市、二本松市、郡山市、須賀川市、白河市に広がっています。そのため、白河市内にも酷い汚染が見つかっています。
 セシウム合計で約1000〜5000ベクレル/kgの土壌汚染が確認されています。
 しかし福島県は広いので、白河など県南から、関連イベントが集中する北の福島市に行くことは簡単ではありません。実際、3月に須賀川・郡山で開催したときには、「これまで福島市まで行けなかった」ということで、地元だけでなく、もう少し南の白河や矢祭などからの参加者が少なくありませんでした。その後も、白河での開催を望む声が寄せられてきました。

【白石(宮城県南部)】
 宮城県は福島県に隣接し、とくに県南・県北の両方に高濃度の汚染地帯をかかえます。農産物・魚介類の汚染は、福島に比べて対応が遅れた分、福島以上に深刻です。
 宮城県は地震被害と津波被害が最も甚大であったため、その復旧活動に偏重してしまい、県(知事)は放射能汚染への対応を軽視、市町村レベルでは余裕もありませんでした。放射性物質の飛散に県境などないにもかかわらず、原発が福島に立地しているというだけで、「隣県の出来事」としてやり過ごしてきたのです。
 また、それに呼応するように、受け入れ支援をする多くの自治体や民間団体が、その対象を「福島県民」に限定してしまいました。
 宮城県は、いわば、「忘れられた被曝地」なのです。
 しかし、地震と事故から一年が過ぎ、測定が盛んになり具体的な汚染のデータも出てきて、そして人々の気持ちも、地震・津波被害から、ようやく放射能汚染に向かうようになってきました。
 このいまこそ、受け入れの枠を、「福島県」に限定しないでほしいのです。キャンプを企画されるみなさん、かりに20人の子どもを受け入れるのであれば、たとえば「15人を福島県、5人を宮城県」、というふう割り振ってください。
 白石市は福島市とも直接隣接しています。白石の隣の丸森は伊達市や相馬市と隣接し一山向こうがすぐに飯館です。この宮城県南地域は、部分的には福島県中通り並みか、場所によってはそれ以上の汚染と被曝が確認されています。やはり土壌からは、1000〜5000ベクレル/kgのセシウムが検出されます。
 宮城県では初の保養避難相談会になります。大事な第一歩です。白石で開催することで、白石・丸森・角田・亘理など県南各地からの参加者が見込めます。


 会場・集合場所についてはこれからの調整になります。
 参加申し込み団体の方々には、追って連絡さしあげます。
記事へトラックバック / コメント


二本松・伊達の保養避難相談会、チラシです

2012/05/21 08:24
画像



夏キャンプ&保養移住相談会in二本松・伊達


 子どもたちに夏休みを満喫させてあげませんか?
 全国各地の受け入れ支援団体が、二本松と伊達に結集!
 夏休みのキャンプや保養企画、移住支援などについて説明します。
 放射能汚染地から離れたところで心と身体を休ませましょう。
 その他、さまざまな悩みや不安についてのお話も伺います。
 ご家族でも、お子さんとでも、お一人でも、お気軽にお越しください。

 よくある相談内容
 ♪保養や避難、防御について、家族の理解が得られない。
 ♪温度差があって、放射能の心配を誰にも打ち明けられない。 
 ♪保養や避難に関心があるが、具体的にどうしたらいいか分からない。


【日時・場所】

  ★6月2日(土) 13時〜18時
   二本松市 市民交流センター 多目的室
   (福島県二本松市本町二丁目3ー1)

  ★6月3日(日) 10時〜15時
   伊達市 保原中央公民館 大会議室
   (福島県伊達市保原町字宮下111ー4)

【参加団体一覧】

札幌・むすびば(北海道)/福島の子どもたちを守る会北海道(北海道)/あさひかわサポネット(北海道)/東北ヘルプ(宮城)/日本の森バイオマスネットワーク(宮城)/毎週末山形(山形)/TEAM二本松(福島)/りょうぜん里山がっこう(福島)/福島の子ども保養プロジェクト(福島)/hand to hand project kawamata(福島)/新潟保養プロジェクト(新潟)/いのち・むすびば(山梨)/4月3日のひろば(山梨)/京都・避難者サポートネットーワーク(京都)/吹夢キャンプ(大阪)/ふくしまいせしまの会(三重)/どろんこキャラバン☆たんば(兵庫)/宝塚保養キャンプ実行委員会(兵庫)/兵庫県有機農業研究会(兵庫)/よもぎのアトリエ(広島)、など



【主催】:子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
【協力】:NPO法人TEAM二本松/NPO法人りょうぜん里山学校

【問い合わせ】:070−6615−2989
    p-sabbar@mrg.biglobe.ne.jp(早尾貴紀)
記事へトラックバック / コメント


矢ケ崎克馬in甲府、東京、仙台、福島/二本松・伊達で相談会

2012/05/17 18:05

1、矢ケ崎克馬さん、今週から来週にかけて連続講演

 原発事故直後から、いろいろお世話になっている、内部被曝の専門家である矢ケ崎克馬氏が、明日金曜日から来週にかけて、甲府、東京、仙台、福島で講演をされます。

 招聘のメインは、19日(土)の東京経済大学でのシンポジウム。
 沖縄、広島との長い関わり、そこから生まれてきた強い信念。初めて矢ケ崎さんのライフヒストリーをメインで語っていただきます。
 「フクシマの問いにどう応えるかーー東アジア現代史のなかで」
 講演者:矢ケ崎克馬、高橋哲哉、韓洪九、権赫泰、丸川哲史、山内明美、李杏理
 コーディネーター・司会・コメント:徐京植、早尾貴紀、戸邉秀明
 詳細は以下:http://hayao2.at.webry.info/201204/article_2.html

 最近もまた、原発の存在を根底から考え直させられる機会がありました。
 朝鮮戦争の直後、1954年に原発の導入と自衛隊創設が同じ年に決まりました。
 アメリカが東アジアで戦争をするために、それを支える友軍(道具)として日本に軍隊と核を、と言ったら抵抗があるかもしれないので、自衛隊と原発を導入したのですよね。「平和のため」というソフトな装いでもって。それが同時に私たちの生活のなかに送り込まれたし、また私たちもそれを許容してきてしまいました。
 温厚な矢ケ崎さんに熱く語っていただきたいと思っています。その他、重要ゲストが並びます。当日中央線の工事が入るので少し不便するかもしれませんが、なんとかなります。ぜひご参加を。

 19日東経大の前日、もう明日ですが、18日に甲府入り。「いのち・むすびば」で講演していただくことになりました。矢ケ崎さんはいつも柔軟に対応してくださいまして、ありがたいです。
 18日(金)の夜、甲府です。詳細は以下。
 http://inochimusubiba.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

 19日の東経大のあとは、仙台で20日(日)に。
 http://sokuteimiyagi.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

 24日(木)は、子どもたちを放射能から守る福島ネットワークの主催で福島市講演。
 http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11246440202.html


2、二本松市と伊達市で保養・避難の相談会をします

 福島・郡山・須賀川と続いた相談会活動、今度は二本松と伊達でおこないます。
 福島市に隣接しつつも、相談会活動などの取り組みの遅れていたこの地域で今度の開催を決めました。全国から20団体が結集します。
 相談会を開催すると同時に、全国の受け入れ支援団体どうしの交流、そして地元の人たちとの交流の場も設け、顔の見える関係で、長期的な関係の構築を目指します。

 【日程・場所】
 6月2日(土) 13時〜18時
  二本松市 市民交流センター 多目的室

 6月3日(日) 10時〜15時
  伊達市 保原中央公民館 大会議室

 【参加団体一覧】
札幌・むすびば(北海道)/福島の子どもたちを守る会北海道(北海道)/あさひかわサポネット(北海道)/東北ヘルプ(宮城)/毎週末山形(山形)/TEAM二本松(福島)/りょうぜん里山がっこう(福島)/福島の子ども保養プロジェクト(福島)/hand to hand project kawamata(福島)/新潟保養プロジェクト(新潟)/いのち・むすびば(山梨)/4月3日のひろば(山梨)/京都・避難者サポートネットーワーク(京都)/吹夢キャンプ(大阪)/ふくしまいせしまの会(三重)/どろんこキャラバン☆たんば(兵庫)/宝塚保養キャンプ実行委員会(兵庫)/兵庫県有機農業研究会(兵庫)/よもぎのアトリエ(広島)、など

 詳細の案内は以下。宣伝拡散の協力をお願いします。
 http://hayao2.at.webry.info/201205/article_2.html
記事へトラックバック / コメント


6月2日、3日に、二本松・伊達で保養・移住相談会(参加団体増えました!)

2012/05/15 12:38
夏キャンプ&保養移住相談会in二本松・伊達


 子どもたちに夏休みを満喫させてあげませんか?
 全国各地の受け入れ支援団体が、二本松と伊達に結集!
 夏休みのキャンプや保養企画、移住支援などについて説明します。
 放射能汚染地から離れたところで心と身体を休ませましょう。
 その他、さまざまな悩みや不安についてのお話も伺います。
 ご家族でも、お子さんとでも、お一人でも、お気軽にお越しください。

 よくある相談内容
 ♪保養や避難、防御について、家族の理解が得られない。
 ♪温度差があって、放射能の心配を誰にも打ち明けられない。 
 ♪保養や避難に関心があるが、具体的にどうしたらいいか分からない。


【日時・場所】

  ★6月2日(土) 13時〜18時
   二本松市 市民交流センター 多目的室
   (福島県二本松市本町二丁目3ー1)

  ★6月3日(日) 10時〜15時
   伊達市 保原中央公民館 大会議室
   (福島県伊達市保原町字宮下111ー4)

 (上記の開催時間のなかで、ご都合のよろしい時間帯に、それぞれの相談ブースにお越しください。複数の団体に相談をされたい場合は、時間に余裕を見てご参加ください。)

【参加団体一覧】

札幌・むすびば(北海道)/福島の子どもたちを守る会北海道(北海道)/あさひかわサポネット(北海道)/大沼・駒ケ岳ふるさとづくりセンター(北海道)/東北ヘルプ(宮城)/日本の森バイオマスネットワーク(宮城)/毎週末山形(山形)/TEAM二本松(福島)/りょうぜん里山がっこう(福島)/福島の子ども保養プロジェクト(福島)/hand to hand project kawamata(福島)/草津楽泉園とみちのくの子供をつなぐ会(栃木)/新潟保養プロジェクト(新潟)/いのち・むすびば(山梨)/4月3日のひろば(山梨)/京都・避難者サポートネットーワーク(京都)/吹夢キャンプ(大阪)/ふくしまいせしまの会(三重)/どろんこキャラバン☆たんば(兵庫)/宝塚保養キャンプ実行委員会(兵庫)/兵庫県有機農業研究会(兵庫)/よもぎのアトリエ(広島)/沖縄・球美の島(沖縄)/沖縄県ユースホステル協会(沖縄)、など



【主催】:子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
【協力】:NPO法人TEAM二本松/NPO法人りょうぜん里山学校

【問い合わせ】:070−6615−2989
    p-sabbar@mrg.biglobe.ne.jp(早尾貴紀)
記事へトラックバック / コメント


避難・保養相談会の展開/カンパ報告

2012/05/04 08:18
1、相談会活動の展開

 昨年秋から、「札幌・むすびば」といっしょに小さく展開してきた出張相談会活動ですが、2月福島市での「放射能からいのちを守る全国サミット」での相談会を経て、その後、3月の須賀川市・郡山市で、避難&保養の相談会を開催しました。
 その三回の相談会活動には、北海道から沖縄まで、たくさんの受け入れ支援団体にご参加くださいました。

 この相談会の「成果と課題」について各団体に出していただいたレポートを一冊にまとめました。
 これは、今後の長い取り組みとなる避難・保養の支援受け入れ活動を、どのように展開していくのかを考えるうえでの、大事な材料としてみなさんに出していただいたものです。
 以下のページからpdfでダウンロードできます。どうぞご活用ください。
http://www.e-bookland.net/gateway_a/details.aspx?bookid=EBLS12041800&c=0

 なお、この相談会活動は、確実に決まっているところでは、6月2・3日に、福島県の伊達市と二本松市で開催します。福島市に隣接するこの二市は、チェルノブイリの強制避難レベルにあたるような高濃度汚染地帯をかかえているにもかかわらず、まだこうした相談会の取り組みがなされてきませんでした。高濃度汚染地帯は福島に限らずあちこちにあるのですが、安全キャンペーンと除染キャンペーンのために、住民らは具体的に避難を相談する機会を見つけられないまま、被曝を強いられています。
 須賀川・郡山で相談会をやってみて確信しましたが、各地に直接足を運んで、面と向き合って悩みを聞き相談に応じることがどうしても必要です。
 伊達・二本松の相談会についてはすでにブース参加団体の募集を始めており、もう15団体ほどの参加申し込みを得ています。

 さらに、福島県に隣接し、同レベルの深刻な汚染地帯の広がる宮城県南部、とくに丸森町・角田市・白石市あたりを対象とした相談会を開催したいと考えています。
 放射能には県境など関係ありません。福島市とも境を接する宮城県南部は、汚染程度や被曝量では、郡山市以上にひどい地域も広がっています。ところが、地震そのものと津波による被害が最も深刻であった宮城県では、知事の音頭取りとともに「復興」一辺倒で放射能汚染は否認されてしまったこともあり、避難や保養の取り組みがずっと遅れてしまいました。
 数日前の新聞記事で、白石市の保育園や公民館の除染が始まったとのこと。0.5マイクロシーベルト以上の場所を、国基準の0.23以下に下げることが目標だそうです。
 一年も経ってからです。一年間、ただ被曝させたままでいて、いまになって、0.23を目標に除染。もちろんそこに生活している以上は除染に意味はあるとはいます。
 しかし、なぜ避難や保養の取り組みがなかったのか、なぜいまからでもやらないのか、除染と同じぐらいの予算をかけたら、どれだけたくさんの子どもたちにキャンプの機会をつくれるのかと思います。(0.23マイクロ/時を切ったところで、おそらく2000ベクレル/kg前後の土壌汚染は残ります。はたしてそれで安全と言えるのか。)
 ということで、自分たちでやるしかありません。相談会、宮城県でもやりたいと思います。


2、カンパ報告

 3月に呼びかけました、避難・保養活動をしていくための活動費カンパ、たくさんの方にご協力をいただきました。厚くお礼を申し上げます。
 すでにカンパをくださいました方にはお礼のメールを差し上げましたが、活動報告も兼ねて、カンパの用途の概要を記しておきます。

【下記の保養プロジェクトにそれぞれ15〜30万円を拠出】

 1、「母子保養プロジェクト・ちいさなたび」(宮城、代表:ゆんた美樹子さん)
 2、「新潟保養プロジェクト」(新潟、代表:須藤美都子)
 3、「田沢湖のびのびキッズプロジェクト」(秋田、代表:瀧原恵実子さん)
 4、「いのち・むすびば」(山梨、代表:小河原律香さん)
 5、「いわきの子ども達と里山で夏休み」(京都、代表:松尾圭子さん)=拠出予定

 1は、幼児を抱える母親に対するケアも含めた活動で、不定期ながら継続的に活動をしています。昨年も立ち上げ資金を提供しました。
 2は、南相馬の子どもたちを対象にした新しい保養プロジェクトで、その立ち上げ資金として提供しました。
 3は、送り出しが「ハンド・トゥ・ハンド・プロジェクト川俣」(今泉君枝さん)の支援で、川俣町の中学生のサッカー部員を秋田に保養に出します。このGWに行っています。
 4は、前にも報告しましたが、私も入っている山梨のネットワークで、そのなかに移住保養支援のグループがあります。
 http://inochimusubiba.blog.fc2.com/
 5は、児童福祉施設で保護者のいない子どもたちを保養に出す企画です。保護者がいなければ移住も保養もできない子どもたちに対する貴重な機会になります。

 なお、これ以外にも各地の夏キャンプに向けて、開催の相談を受けつつ、必要に応じて資金の一部として提供することを検討しています。基本は各地で広くカンパを募ることが理想ですが、それをするにも一定の元手があるとスムーズに実行委を立ち上げられるということがあります。あちこちに種をまきたいと思っています。


【避難・保養の相談会を、二本松・伊達など各地で開催する費用として】

 すでに最初に触れましたように、相談会活動を、福島県内各地で、そして周囲の汚染地域でやっていくための活動資金にも使わせていただいています。会場費や宣伝費、さらに、各地の受け入れ支援団体で相談ブースを出してくれる人たちへの交通費助成などにも充てさせてください。


【個別家庭の避難費用の支援に】

 元の生活を、家や仕事を棄てるということは、大きな決断を要しますし、また家族の協力や預貯金の有無に大きく左右されます。そのとき、日々の生活の維持で精一杯のご家庭では、親子分の直距離移動の交通費や、生活を建て直すための出費を出すことさえも困難な場合が少なくありません。
 そこで、私が受けた避難相談のなかで、あるいは私と長く密な協力関係のあるいくつかの受け入れ団体で、移動費用の助成や生活再建支援を出してやってほしいという要請があった場合、ある程度の支援金を出すことにしました。それぞれの家庭状況や、避難先までの距離、移住後の見通しなどを判断し、一定の金額を避難支援として渡しています。
 自主避難は自己責任・自己負担という主張の方もいますが、避難者は本当にたくさんのものを切り捨てています。数万円程度のものでも、わずかな支えの有無が最後の一歩を踏み出せるかどうかを左右してしまうことがあります。みなさんからのカンパが、ある家庭の避難の後押しをすることになる、という状況もあるのです。


 以上のような活用状況であることを、カンパ協力のお礼とともにお伝えいたします。重ねて深く感謝申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


<<  2012年5月のブログ記事  >> 

トップへ

早尾貴紀:原発震災関連 2012年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる